女性必見!婦人科とはどのようなところ?

悩みは婦人科で解消しよう

婦人科とはどんな場所?

まず婦人科と聞くと、「自分は妊娠していないから関係ない」という思い込みを持ってしまう方は多いのではないでしょうか。
実は妊娠の有無にかかわらず、女性特有の体の症状を相談することができるのが婦人科なのです。
そのため、どうしても遠い存在に思われがちな若い10代後半から20代の女性にはこの認知があまり広まっていません。
ではどのような症状を診察してくれるのでしょうか?
まずは月経や織物についてです。
例えば生理不順や生理の症状が重すぎたりなどの特有の症状がありますよね。
日常生活に支障をきたすほどの重い症状がある方は婦人科を受診されることをおススメします。
他にもがん検診や更年期障害に対しても診察を受けることができます。
このように婦人科は若年から恒例になっても女性の体の悩みを聞いてくれる病院なのです!

産婦人科とどう違う?

婦人科についての知識を持ったところで、産婦人科や産科との違いはいったい何なのかという疑問が出てくると思います。
簡単に言いますと、産科は妊娠から出産の流れをサポートしてくれる診療科です。
そのため妊娠が発覚して出産に至るまでは産科の診察を受けます。
また、産婦人科とは何かという疑問に対しては、産科と婦人科の機能を併せ持った医療機関ですので、広く女性をサポートしてくれます。
多くの病院は産婦人科として両方の機能を持っているので女性特有の症状から出産に至るまでの流れを相談することができます。
近年は人不足のためその限りではなくなってきていますので、必ず確認をしましょう。
ちなみに産婦人科では女性だけではなく男性の診察も行っています。
それに関してはのちのちご説明していきます!


この記事をシェアする


ページの
先頭へ